レディ

抗がん剤の副作用が出てきたら帽子を被るのがベスト

頭を隠したいなら

女の人

抗がん剤を使用した場合には、髪の毛が抜けてしまう場合が多くあります。その場合には頭を隠すための帽子が欲しいと思うでしょう。そんな時に最適な種類の帽子がニット帽です。機能性にも優れており、ニット帽からだけでも様々な種類を選べます。

治療には睡眠も大事

婦人

医療用の帽子であるのか確かめて購入することが、抗がん剤治療を始めるにあたり必要なことです。ファッション用は、脱毛した頭皮の状態に刺激になりやすく、医療用は専用に作られているため、十分に機能を発揮してくれます。

副作用に配慮できる

女性

ウィッグや付け毛の上からでも、スッポリ被れるサイズの帽子が、抗がん剤治療時にも重宝されています。生地の伸縮性など、被り心地を重視したい場合にはハンドメイドやオーダーによる仕立ても利点で、明るい気持ちで使える機能性やデザイン性も大事です。

治療途中の必需品

レディ

人目を気にしたくない

がんは不治の病と言われた時代はもう昔の話です。早く見つかれば見つかるほど完治する可能性も高くなっていますし、現代の医療はどんどん進歩していっています。手術や抗がん剤の使用によって患者が生き残る可能性はますます高まっています。とはいえ、抗がん剤治療の際、どうしても気になるのがその副作用です。体の中にいる癌細胞をやっつけるために生きるために必要な良い細胞までやっつけてしまう抗がん剤、時には全身の毛が抜け落ちるなど見た目に影響が大きい副作用が起こることもあります。特に女性の場合、髪はもちろんですが、眉毛やまつげまで抜けてしまうことに大きなショックを受けるケースは少なくありません。化粧をしたとしてもごまかしきれないこれらのケースは患者自身の精神的ショックを強めてしまいます。そこで抗がん剤治療中の必需品となるのがこうした症状を隠すことができる帽子です。おしゃれで違和感のないもの、患者が外でも人目を気にすることなく生活できることが第一条件です。より自然な見た目を重視したいのであれば帽子とウィッグを併用するのもおすすめです。ウィッグを装着した上から帽子をかぶる、ものによっては眉毛やまつ毛部分も気にならなくなりますし、これで患者の精神的負担が軽減されます。治療中の帽子は長時間つけることが多くなるので、肌に優しいことはもちろんですが使用感も重視したいところです。また替えのものをいくつか用意しておけば日によっておしゃれを楽しむこともできます。

Copyright © 2017 抗がん剤の副作用が出てきたら帽子を被るのがベスト All Rights Reserved.