婦人

抗がん剤の副作用が出てきたら帽子を被るのがベスト

副作用に配慮できる

女性

脱毛をカバーできる用品

抗がん剤治療での副作用で、身体的にも精神的にもダメージを受けるのが頭髪の脱毛で、徐々に脱毛していく過程や、まだらになる薄毛にストレスを感じる患者も少なくありません。抗がん剤治療を始める前には、帽子を準備することも医療業界では推進しており、医療用品専門誌などもあるほどで、帽子の種類もバリエーション豊富です。抗がん剤治療によって頭皮や肌は敏感で、刺激から守るためにも、悩みをカバーするにも帽子は必須で、がんや脱毛経験者の声から作られた用品が展開され、購入できます。大きさや被り心地など、試着後の返品や交換ができれば良いのですが、似合わせるにはデザインも加味できるオーダーメイド、あるいはハンドメイドも適しています。また、深く被れるサイズであることが選定では重要で、髪の毛だけでなく、眉毛やまつ毛、もみあげなど、脱毛の部位には個人差はあるものの、抗がん剤の種類によっては体毛も抜けてしまうことがあります。その特長を考慮し、スッポリと深く被れるサイズを選択したり、折り曲げて浅くも深くも調節できる機能性で選ぶことも得策ですし、リバーシブルなら気分によっても変化を付けられます。またリブ付きの帽子など、適度に頭部を抑えてくれるタイプであれば、簡単に脱げる心配もなく、お洒落なウィッグを被った上からでも使用できる点で評判です。また、抗がん剤の副作用には顔の浮腫が生じることもあり、評判なのは小顔に魅せるツバ付きの帽子で、ツバの長さによっては頬骨の出っ張りをカバーできるなど、コンプレックスも緩和できます。

Copyright © 2017 抗がん剤の副作用が出てきたら帽子を被るのがベスト All Rights Reserved.