婦人

抗がん剤の副作用が出てきたら帽子を被るのがベスト

治療には睡眠も大事

婦人

ストレスを緩和

ガンの種類や病状によって、医療機関での闘病生活が始まり、抗がん剤の投与が行われることは珍しくないものの、抗がん剤による髪の毛が抜ける副作用が懸念されています。ガン細胞の増殖を阻害するために抗がん剤が必要です。しかし、抗がん剤による治療では、細胞の代謝も抑制されてしまうことで分裂が盛んに行われる髪の毛に、ダイレクトに影響を与えてしまいます。精神的にも負担となり、前向きに治療を続けるためには脱毛のストレスを緩和できる帽子、ウィッグやバンダナなどのファッション小物を取り入れることも利点です。特に抗がん剤による治療では、ファッション雑貨などのアパレル業界で流通されている物ではなく、医療用の小物の選定が大事で、就寝用の帽子も購入でき、様々な機能付きが魅力です。治療中は、良質な睡眠も健康への一歩として重要視されています。通常、寝る時に帽子を被るだけでストレスを感じるものですが、医療用は素材が柔らかく、デリケートな頭皮の状態でも不快に感じにくい作りが特徴です。体験談では、就寝時に枕周りに髪が落ちてしまい、見るだけでストレスを抱えたケースも聞かれるほどで、就寝用の帽子を着用することでこうしたストレスを緩和できます。また、炭や発熱繊維など、遠赤効果のある素材の帽子を選ぶことで、冷えやすくなった頭皮の血流を促進させたり、抵抗力の弱まった体への配慮にも繋がります。寒い季節の保温、夏のエアコンによる冷えにも配慮できる他、抗菌・消臭効果なども医療用ならではの魅力です。

Copyright © 2017 抗がん剤の副作用が出てきたら帽子を被るのがベスト All Rights Reserved.